本文へスキップ
株式会社カリヤは、岩手県宮古市で地球にやさしい、木質系建材を生産・供給しています。

TEL. 0193-72-2255

〒028-2104 岩手県宮古市刈屋第13地割11番地2

会 社 概 要 COMPANY

社 名
株式会社 カ リ ヤ
代表者
井 上 篤 博
本社所在地
〒113-0033
東京都文京区本郷一丁目25番5号
工場所在地
〒028-2104
岩手県宮古市刈屋第13地割11番地2
→アクセス
TEL. 0193-72-2255
FAX. 0193-72-3107
資本金
5000万円
設 立
1975年6月
従業員数
71名(2016年7月現在) 
役 員
常 務 取 締 役 岩 見 和 也
取締役工場長  下島野義輝
監 査 役   林 孝 彦
取引銀行
みずほ銀行、北日本銀行

会社沿革

1938年
保証責任岩手林産加工販売利用組合連合会 刈屋工場として地元有志で創業。
1944年
刈屋合板株式会社に改組。
1948年
日東ベニヤ株式会社と二社合併により、足立ベニヤ株式会社 刈屋工場となる。
1950年
ブナ合板の輸出を開始。
1975年 6月
足立ベニヤ株式会社から独立し、社名を株式会社カリヤとして発足。
1976年10月
西北ベニヤ工業株式会社 代表取締役社長 井上 博が経営を引き継ぎ、代表取締役社長に就任、グループ各社の指導、協力を仰ぎプライフロアー、薄物特寸合板の製造・販売を継続。
1985年 5月
フロアー工場のラインを増設し、天然木化粧複合フローリングの拡販体制に入る。 同時に住宅・都市整備公団の見積り徴収先メーカーとなる。
1990年11月
岩手県より工業用地として宮古市磯鶏に 34,164uを取得。
1992年 4月
岩手県合板事業協同組合 宮古工場より針葉樹単板の入荷が始まり、針葉樹合板の本格生産を開始。
1994年 5月
工場火災により約20,000uを全焼。早期復興に向けて工場建設に着手。
1994年12月
第1工場(6,750u)を竣工。天然木化粧複合フローリングの増産体制をとり、更に針葉樹構造用合板(長尺物を含む)の製造・販売の増大を図る。
1997年 3月
MDF複合フローリングの製造・販売を開始。
1999年 7月
代表取締役会長に 井上 博、代表取締役社長に 中村 良雄が就任。
1999年12月
第2工場(3,000u)を竣工。
2000年11月
「ISO 9002」を認証取得。
2001年11月
第3工場(3,200u)を竣工。
2003年 4月
「ISO 140001」を認証取得。
2003年 6月
「ISO 9002」より移行し「ISO 9001」を認証取得。
2004年 3月
第4工場(1,200u)を竣工。
2005年12月
地域社会への貢献を目的に、老人介護施設NPO法人 愛福祉会を開所。
2006年 7月
代表取締役社長に 井上 篤博が就任。
2009年 7月
本社所在地が、東京都荒川区町屋7丁目18番8号から東京都文京区本郷1丁目25番5号へ移転。

バナースペース

株式会社 カ リ ヤ

〒028-2104
岩手県宮古市刈屋第13地割11番地2

TEL 0193-72-2255
FAX 0193-72-3107